不動産売却における仲介手数料の色々とは

手持ちの不動産を売却するには、相応の手続きが必要になりますし、それを自社内で対処出来れば構いませんが、基本的には他者、つまりは専門の業者に委託することになりますよね。

となると、仲介手数料はこれまたごくごく当たり前のように支払うことになります。

にしても、不動産の購入や売却を行うにあたって、仲介手数料なんてものが発生する理由はまさしく、仲介してもらう企業・もしくは個人事業主にたいしての正当な報酬として支払う形になるわけですが、
ある程度小慣れた人になれば、杓子定規な応対をする企業はたしかにブレずに何事にも動じない安定性があるのでそちらを好むひともいるでしょうし、
人情商売を主として、血の通った人付き合いを大切にしているような、昔気質の不動産仲介業を行っているところであれば、仲介手数料にしても取り扱いの物件状況などによって変化することもあり、
これまた事務手続きがそこまで本雑に感じない人には向いているのかもしれません。

不動産売却の仲介手数料に齎される改革

不動産を運用するとして、購入したものを売却するとなると、必然的に仲介手数料が発生するのは極めて自然なことである。

しかしながら、こうした手続きを行うにあたって有資格者による事務手続きが必要不可欠で、
そのために不動産業者を介して購入したり売却したりすることになるからこそ、仲介手数料が発生するわけである。

では、その事務手続きそのものを極めて簡略化し、必要最低限のルールを踏襲することでコストを下げ、回転率を上げる方法はないものか?

と考えたことはないだろうか。

もしも、仮にそんな事が実現できるなら、これまでの不動産業者が行ってきた仲介そのものに劇的な革命を起こしかねない事態が考えられるのだが、
いまだその事務手続きへの改革には至っていない。

なぜならば、そうした技術の下地となる技術そのものは、まだ日本において未発達な上に、周知されているのが片鱗でしかない、ということだ。

仲介手数料どころか事務手続きの改革にはまだ掛かりそうである。

不動産売却における仲介手数料について

特定の事務手続きには、その処理を行えると国から認められていないと処理できない、つまりは免許による認可が下りていないと扱えない事例があります。

えてして、そうした事務手続きをおこなってもらうには、やはり仲介手数料が必要になるのは致し方ありません。

中でも身近なのは、あなたの住む場所に関わっている不動産であったり、または税金なんてのもそうした仲介手数料が発生する事例の一つと言えるでしょう。

ところで、不動産売却を考えていたとしたら、売却ってくらいですから事業として扱われていたり、コスト計算を行いながらも、
さまざまな状況を考えつつ資産運用をおこなっている方だとは思います。

仲介手数料無料で不動産を売却するポイント

ですから、微妙くもコストをなるべくなら掛けたくないと考えるなら、最善の方法を模索したいのもうなずけます。

仲介手数料はあくまでも仲介の会社によって、法律の範囲内で定められている金額ですが、少なくとも概ね相場は決まっているのが通例となっています。

動画制作は外注に依頼する?

ビジネスの在り方が急激に変化してきている。

テレビが一家に1台という時代から、スマホが一人に1台という時代が到来した。

クオリティーの高い画質や編集技術を駆使した写真を公開して、ブログで日常生活を切り売りすることがごくごく普通のこととなった時代であり、写真だけではなく動画制作までそれなりのクオリティーのものができてしまう。

利用者数がダントツに多い超有名動画投稿サイトもあり、そこでは動画制作したものを投稿するだけではなく、再生回数に応じて収益が得られるというメリットもある。

そのため新しいビジネスモデルとしても大注目されているのは確かである。

しかしビジネスである以上、求められるものに応えていかなければならない。

動画制作ビジネスにも原理原則という概念が存在する。

それは、1投稿1テーマで、ひと手間加える見せるという意識と、簡潔にまとめることである。

一般の素人が気軽に投稿できるからこそ、ここまで飛躍的に発展してきたのが動画投稿サイトの特徴だが、見ている側のスタンスとしてはどこかテレビタレントや司会者と比べてしまうような感覚で動画を見ているのも否めないように思う。

いわゆるスターやアイドルのような突出したカリスマ性がなくとも世の中にコアファンを獲得できるかどうかが鍵になってくる。

そのためには見ている側のスタンスに立って動画制作をする必要があるのではないだろうか。

1つのテーマに絞り、編集技術を駆使して見ているものを惹き付ける演出を施し、それなりのタレント性を発揮し、分かりやすく簡潔に飽きさせない長さでないとコアファンはリピートしてくれない。

時代がどう変化しようが、ビジネスの本質・骨幹は変わらなく、まさにニーズに先回りしたものが勝つ。

ビジネスとしての動画制作

ビジネスの在り方が急激に変化してきている。

テレビが一家に1台という時代から、スマホが一人に1台という時代が到来した。

クオリティーの高い画質や編集技術を駆使した写真を公開して、ブログで日常生活を切り売りすることがごくごく普通のこととなった時代であり、写真だけではなく動画制作までそれなりのクオリティーのものができてしまう。

利用者数がダントツに多い超有名動画投稿サイトもあり、そこでは動画制作したものを投稿するだけではなく、再生回数に応じて収益が得られるというメリットもある。

そのため新しいビジネスモデルとしても大注目されているのは確かである。

しかしビジネスである以上、求められるものに応えていかなければならない。

動画制作ビジネスにも原理原則という概念が存在する。

それは、1投稿1テーマで、ひと手間加える見せるという意識と、簡潔にまとめることである。

一般の素人が気軽に投稿できるからこそ、ここまで飛躍的に発展してきたのが動画投稿サイトの特徴だが、見ている側のスタンスとしてはどこかテレビタレントや司会者と比べてしまうような感覚で動画を見ているのも否めないように思う。

いわゆるスターやアイドルのような突出したカリスマ性がなくとも世の中にコアファンを獲得できるかどうかが鍵になってくる。

そのためには見ている側のスタンスに立って動画制作をする必要があるのではないだろうか。

1つのテーマに絞り、編集技術を駆使して見ているものを惹き付ける演出を施し、それなりのタレント性を発揮し、分かりやすく簡潔に飽きさせない長さでないとコアファンはリピートしてくれない。

時代がどう変化しようが、ビジネスの本質・骨幹は変わらなく、まさにニーズに先回りしたものが勝つ。

センスを感じさせる動画制作

動画制作と聴いて真っ先に何を思い浮かべるだろうか?

私は編集作業にもっとも労力を使うのではないかと感じてしまう。

いまや星の数ほどある投稿動画の中で、キラリと光るひときわ違うものにするためには編集で差をつける必要がある。

動画制作の過程において比較的敷居が低いのが撮影の段階。

それはもう端末のボタンひとつなのだから操作の分かりやすさは言わずもがな。

だからこそ、最初の発想力が大事でありここが乏しいと内容が薄っぺらになってしまう。

素晴らしい発想を元にした動画制作にはセンスがあり、最終的な善し悪しの決め手となるのが編集の力である。

動画サイトを閲覧するとセンスのいい動画をいくつか見ることがあるが、「この発想力おもしろい!だけど惜しい。。。」と思えるものも多いように感じる。

そう思わせるのはやはり編集によるものではないだろうか。

単に「この動画センスある!!」と思わせるものは、余計なことに見ているものの気を散らせない。

それだけ編集作業が緻密である証拠だ。

動画制作はプロに頼むのが一番

料理でいうところの、素材を活かすも殺すも調理次第ということ。

あなたのそのセンスのある発想力を形にしてくれる編集技術があるかどうかは大きい。

岐阜の親が勝手に登録した結婚相談所

最近出会い系サイトなどで知り合って結婚したり、お見合いがまた現代に戻ってきていたり、そしてそれにあまり躊躇しなくなっている時代にもなった気がします。

私の知り合いで結婚した人たちもそのきっかけは結婚相談所だったり出会い系サイトだったりします。

なぜならお互いの希望がすぐにマッチし効率よく相手と出会えるからです。

こちらの希望相手の希望それぞれがマッチするまでその人をこの広い世界で探すのって大変ですもんね。

そんな呑気に人の事を語っていた私ですが、この度、岐阜の両親が勝手に結婚相談所に行って登録をしてきてしまいました。

親としたらずっと独身で彼女も紹介しない私が心配で仕方なかったのでしょう。

一度戻ってきて一緒に相談所に行くよう命令されたので、渋々顔出しました。

そうすると、こちら岐阜の結婚相談所のカウンセラーの人の優しい事。

この人に恋してしまいそうでしたが、どうやらこの方が私の為に相手を探してくださるそうで、期待しています。

岐阜にもあるんですよ結婚相談所

私は40を過ぎてしまい今だ独身でおりまして、親戚に勧められ結婚相談所に登録に行きました。

この辺での大都市名古屋も遠くはないのですが、ちょっと私には都会すぎますので、ここ岐阜にもあるとのことで、こちらで相談してみることにしました。

私の職場はほとんど男性で数人いる女性陣も既に既婚者の方ばかりで、仕事以外にあまり社交的ではない私の場合なかなか女性と出会うきっかけがないので、まあそのまま独身のままで通しておりました。

しかし、最近地元岐阜の同級生の残っていた独身貴族もとうとう嫁をもらっていくのが増えていき、私の両親もかなり心配してきました。

親戚に勧められたこの結婚相談所は値段も良心的なうえ、カウンセラーの方がきちんとひとりひとりと向き合ってくださるので、自分の希望を言ったり、また逆に交際の方法などアドバイスをもらったりもできます。

まだ出会えてませんが、ここ同郷岐阜で将来の伴侶と出会えたらいいなあと思っております。

地元岐阜で結婚相談所に行ってみました

私は実はバツイチで子供はいないのですが、その後なかなか結婚したいと思う人と出会うことなく6年以上経ってしまい、ふと気が付くと40手前になっていました。

特に結婚をもう一度したいのか、ただ一緒に居られる彼氏が欲しいだけなのか、色々考えながら過ごしてきました。

そんな折、つい先月妹に第一子が生まれ、それはそれは可愛く、私も是非母になってみたいと強く思い始めたのです。

もちろん友達も同い年で未婚という人もいますが、やはり自分は自分で子供を産んでみたいと思い、会社の同僚から結婚相談所に行ってみたらバツイチでもいいとか、子供がいる人希望とか、
そういう細かいことまでカウンセリングの人が相談に乗ってくれて、ピッタリマッチした人を紹介してくれるというのが岐阜にあると言われたのです。

現住所は岐阜で通勤は名古屋なんですが、仕事終わりでも相談に行ける時間があるので、今回この結婚相談所に行ってみました。

男性でもやはり結婚について相談している人が沢山いるのに驚きました。

岐阜の結婚相談所のサービス

結婚相談所って私は悪くないと思っているのです。

お互いの希望がマッチする可能性が普通に出会う方法より前もってわかっているので、そこが良い点だと思うのです。

大阪でボイストレーニングをした話

ボイストレーニングってされたことがありますか?

その字面を見て、歌手を目指しているのではないのだし、そんな大げさななんて思われる人がほとんどではないでしょうか。

かくいうわたしも、むかしはそういう考えをもっていたものです。

しかし、そんなわたしでも受けてみようと思うような世の中になってきました。

そうです、カラオケの存在です。

私が住んでいる大阪やそれに並ぶ東京といった首都圏大都会だけではなく、もはや日本各地にあるカラオケの存在は、ストレス発散のレクリエーションやコミュニケーションツールとしての存在として、確固たる地位を日本社会に刻んでいます。

ですが、そうなってくると気になるのが自分の声や詩のセンス。

音痴と言われてしまうと楽しみのはずのカラオケが苦痛になってしまいます。

そんな時、音痴であったり音痴でなくても自信がない人には、ボイストレーニングで鍛えるという解決策が備わっているんです。

わたしは大阪で受けましたが、もちろん東京や、カラオケと同じく日本各地ででも受けられると思いますよ。

ボイストレーニングin大阪

今やカラオケは国民的娯楽の一つだと言っても過言ではないでしょう。

日本各地いたるところでカラオケボックスがあり、全国的なチェーン店舗があり、友人知人で集まった時にコミュニケーションツールや娯楽施設として行くのみならず、ストレス解消の娯楽や趣味として一人で行くヒトカラといった言葉が誕生するまでに、今日の日本社会に色濃くその存在を誇示しつづけています。

しかし、英語の授業を義務教育で3年、大体の人はそれ以上学ぶのにもかかわらず英語が喋れない人が多いのと同様に、音楽の授業が学校であっても、歌うのがヘタだと言われてしまう、あるいは自分で音痴だと思っている、そういう人達も数多くいます。

そういう人達はどうすればいいのでしょうか?

色々と解決策はあると思いますが、飽くまでもカラオケにこだわるのであれば、ボイストレーニングを受けるという手があります。

大阪東京といった都市であれば、必ずボイストレーニングが出来る教室があるはずです。

かくいう私も大阪で受けて、自信を取り戻しました。

せっかくなら、みんなで楽しめるようになりたいですよね。

大阪のボイストレーニングで歌うのが楽しくなった

昔からカラオケボックスへ行くのがあまりいい気分ではありませんでした。

カラオケボックスだけではなく、音楽の授業なども嫌でした。

そう、おわかりのように、私は自分ではいわゆる音痴だと思っています。

まわりのひとたちはなぐさめてくれているのか、そんなにひどい音痴ではないとフォローしてくれるのですが、こればっかりは自分で思ってしまうものですから、友人知人の集まりでも付き合いで行ってはほとんど歌うことがなく、歌ってもごく短いものを、という肩身の狭い思いをしていました。

これじゃいけないと思いつつも、どうしていいのかわからなかったある日、チラシでボイストレーニングを地元大阪でやっているという広告が目に入りました。

藁をもつかむ思いで、その大阪の教室に行ってみると、まず丁寧に対応していただき、好感が持てました。

ボイストレーニングを大阪でする

プロを目指している人達もいましたが、自分みたいにカラオケがうまくなりたいという人達もいて、そういう人達とともにボイストレーニングに励むことが出来、少なくとも友人知人でカラオケにいく分には楽しくなれました。

物は試し、ということですね。

司法書士になるには難易度が高い

以前から夢だった司法書士を目指して勉強を頑張っています。

司法試験に次ぐとても難易度の高い国家資格で、国が合格者数を絞る方針の為合格率は3%とも言われています。

それでも、以前からの夢なので絶対に受かって見せるという気合を入れて毎日猛勉強しています。

塾での勉強の他に、オンラインで講座を受講する事が出来るサイトを見つけそちらでも勉強しています。

自分の空いた時間に受講する事が出来るのでとても便利で僕にはこのやり方がとても向いていました。

塾で整理しきれなかった難易度の高い問題をこちらの講座で理解することも多いです。

塾に通うとお金も掛るのですが、オンラインだと低価格で受講する事が出来るのも魅力的です。

独学で勉強すると、勉強の範囲も広くてなにから手を付けていいのかわからないですし、傾向と対策など、自分ではどうしても出来ない事が多いので、やっぱりプロに教えてもらえると効率的です。

今年は絶対に受かって、早く司法書士として働いてみたいです。

難易度の高い司法書士を目指す

大学を出てから希望の就職先には就けずに、全然希望と違う会社に入ってしまいました。

なんとなく仕事を続けて今に至るわけですが、そろそろ本気を出して前からやりたかったことをやろうかなと思うようになってきました。

まだ結婚もしていないし、独身の今だからこそ転職出来るのかなと思いました。

会社を辞める前に資格をとっておけば、再就職にも役立つのでまずは資格を取得する事にしました。

難易度は高いですが、司法書士を目指そうと思っています。

大学時代にも司法書士を目指して勉強をしていましたが、難易度が高く、何度も試験に落ちてしまいました。

一度はあきらめた道ですが、やっぱりまた目指したいと思いました。

仕事をしながらなので、勉強は大丈夫かなと不安でしたが、インターネットで受講できる講座を見つけたので、そこで受講しながら自分なりに勉強をしていけたらいいな、と思っています。

強い味方を見つけたので今回は絶対に合格して見せます。

難易度の高い司法書士を目指し勉強する彼

最近付き合い出した彼がいるのですが、今、難易度の高い司法書士を目指して勉強をしているので、忙しくてなかなか会ってくれません。

司法書士を目指しているなんてとてもかっこいいなと思うし応援出来たらいいなと思うのですが、最近付き合い始めたばかりなのでもう少し頻繁に会いたいなと思っています。

少しでも応援出来たらと思い、インターネットで色々調べてみると、オンラインで受講できる講座があることを発見しました。

オンラインで受講できるなら、時間の節約にもつながるのでいいなと思い、彼にその講座を紹介すると、彼もそんな講座があるとは知らなかったみたいで、とても喜んでくれて、すぐ申し込みをしていました。

司法書士は難易度が高い

今まで独学で勉強をしていたのですが、とても効率的に勉強が出来るようになり、私とも会ってくれる時間が増えました。

難易度が高い試験が迫ってきているので、それまでは少し我慢して、試験が終わってからたくさん遊ぼうと思っています。

大阪で貸事務所を探すときはわがままになって

最近では貸事務所を借りたい場合はインターネットで検索をすると簡単に自分の条件に合う好みの物件がみつかります。

たとえば大阪で探したい場合、探しているエリアも大きな範囲でも、細かく区切られた範囲でも容易に設定することができ、その他、電車や地下鉄の駅の近くから探すことも可能ですし、通る路線の数から検索することも可能です。

大阪は鉄道や地下鉄が充実しており、仕事をする上で、交通の便は非常に大事な要素になりますから、このようにエリアを細かく絞って検索できることは非常に助かります。

また貸事務所内部の設備に対して希望がある場合もその条件を細かく入力することができます。

例えばコピー機や電話機があらかじめ設置されているか、フリースペースがあるかどうかなど、実際に行って見る前に設備の有無を確認し検討することができます。

物件を探す際に、不動産会社に良いものを探してもらうためには、わがままかなと思うくらい自分の譲れない条件を提示する方が良いと言われています。

その方が不動産屋さんも絞り込みが容易にでき双方にとってより良い物件を見つけることができるそうです。

皆さんも貸事務所や家を探すときは遠慮せずわがままになりましょう。

大阪芸人さんがもつ貸事務所のような仕事場

最近話題になっている大阪の芸人さんで本を出版した方がいます。

その内容は文学界で認められるほどの素晴らしい作品だそうです。

その芸人さんは大阪や東京での仕事が多く、東京を拠点にしているそうですが、同居人がいるため本を執筆する際は別に借りている部屋で書いているといっていました。

そこは貸事務所のように仕事場として使うためだけの部屋で、机しか置いていないそうです。

テレビは置いてあるけれど線を抜いた状態で仕事に集中できるようにしてあるそうです。

漫画家や小説家の人は自宅を兼仕事場として外出せずに執筆活動する人もいれば、貸事務所やワンルームを借りて自宅とは別の場所に仕事場を構える人もいます。

また、喫茶店などの多少の音がある場所で仕事を進める人もいます。

いずれにしても物語を書いたり作ったり描いたりするのは研ぎ澄まされた集中力と発想力、独創性が必要になる特殊な職業であり、かといって生活の安定を保障されるわけでもない大変な職業ですから、そのような道で頑張る人は本当に尊敬します。