高額買取を目指すならミュージカルとオペラの違いくらいは覚えておこう

ミュージカルDVDを高額で買取してもらいたいと、レアもののDVDを探している方も少なくないでしょう。そんな中で初心者には沢山の疑問があるものです。その一つがオペラとミュージカルの違いです。オペラ作品をミュージカルに強い買取業者に持っていないようにミュージカルとオペラの違いを紹介。

ミュージカルDVDだと思って購入し、高く査定してもらって買取をしてもらい利益を得よう。こんな方も少なくないでしょう。こういった場合に行いがちなのが勘違いをしてオペラ作品のDVDを出してしまったなんてケース。

ミュージカルなどの舞台好きな方にはないでしょうが、そういったものではなく利益追求型の方には起こりがちな失敗です。そこでここではミュージカルとオペラの違いを紹介します。

オペラとは

オペラというのは演劇と音楽で構成された舞台芸術のことを言います。別名で「歌劇」とも言われています。その発症はイタリアであり、多くのストーリーは歌手による歌唱によって構成されています。

更に規模の大小の違いはあれど、生のオーケストラがリアルタイムで演奏をするのが一般的。代表作品としては、フィガロの結婚、ドン・ジョバンニなどが有名です。

ミュージカルってなに?

一方でミュージカルは音楽と歌にプラスして、セリフやダンスまで入った演劇色が強い舞台芸術になります。またオペラが音響機材を用いない生歌であるのに対して、ミュージカルではマイクを付けて行われています。

こういったことからもミュージカルではオペラのような特殊な発声方法などは用いず、ポップス歌手が行っているような発声方法で十分に演じることが可能なのです。

つまりオペラと比較して出演する側もハードルが低いと言えるでしょう。ただしより演技力が求められたり、セリフを記憶したり、歌ばかりではなくダンスを行ったりと複数のことができなければ難しいですから、一概には言えないかもしれません。

代表作品としてはオペラ座の怪人やライオンキングなどになります。

オペラとミュージカルの違いを覚えて買取依頼をしよう

このようにオペラとミュージカルは歌唱とお芝居という共通点はあるものの、さまざまな違いがありお互いのマニアにはこだわりがあるものです。

買取を依頼する場合には、間違えないように気をつけましょう。

関連する記事