大阪芸人さんがもつ貸事務所のような仕事場

最近話題になっている大阪の芸人さんで本を出版した方がいます。

その内容は文学界で認められるほどの素晴らしい作品だそうです。

その芸人さんは大阪や東京での仕事が多く、東京を拠点にしているそうですが、同居人がいるため本を執筆する際は別に借りている部屋で書いているといっていました。

そこは貸事務所のように仕事場として使うためだけの部屋で、机しか置いていないそうです。

テレビは置いてあるけれど線を抜いた状態で仕事に集中できるようにしてあるそうです。

漫画家や小説家の人は自宅を兼仕事場として外出せずに執筆活動する人もいれば、貸事務所やワンルームを借りて自宅とは別の場所に仕事場を構える人もいます。

また、喫茶店などの多少の音がある場所で仕事を進める人もいます。

いずれにしても物語を書いたり作ったり描いたりするのは研ぎ澄まされた集中力と発想力、独創性が必要になる特殊な職業であり、かといって生活の安定を保障されるわけでもない大変な職業ですから、そのような道で頑張る人は本当に尊敬します。

Comments are closed.