動画制作は外注に依頼する?

ビジネスの在り方が急激に変化してきている。

テレビが一家に1台という時代から、スマホが一人に1台という時代が到来した。

クオリティーの高い画質や編集技術を駆使した写真を公開して、ブログで日常生活を切り売りすることがごくごく普通のこととなった時代であり、写真だけではなく動画制作までそれなりのクオリティーのものができてしまう。

利用者数がダントツに多い超有名動画投稿サイトもあり、そこでは動画制作したものを投稿するだけではなく、再生回数に応じて収益が得られるというメリットもある。

そのため新しいビジネスモデルとしても大注目されているのは確かである。

しかしビジネスである以上、求められるものに応えていかなければならない。

動画制作ビジネスにも原理原則という概念が存在する。

それは、1投稿1テーマで、ひと手間加える見せるという意識と、簡潔にまとめることである。

一般の素人が気軽に投稿できるからこそ、ここまで飛躍的に発展してきたのが動画投稿サイトの特徴だが、見ている側のスタンスとしてはどこかテレビタレントや司会者と比べてしまうような感覚で動画を見ているのも否めないように思う。

いわゆるスターやアイドルのような突出したカリスマ性がなくとも世の中にコアファンを獲得できるかどうかが鍵になってくる。

そのためには見ている側のスタンスに立って動画制作をする必要があるのではないだろうか。

1つのテーマに絞り、編集技術を駆使して見ているものを惹き付ける演出を施し、それなりのタレント性を発揮し、分かりやすく簡潔に飽きさせない長さでないとコアファンはリピートしてくれない。

時代がどう変化しようが、ビジネスの本質・骨幹は変わらなく、まさにニーズに先回りしたものが勝つ。

ビジネスとしての動画制作

ビジネスの在り方が急激に変化してきている。

テレビが一家に1台という時代から、スマホが一人に1台という時代が到来した。

クオリティーの高い画質や編集技術を駆使した写真を公開して、ブログで日常生活を切り売りすることがごくごく普通のこととなった時代であり、写真だけではなく動画制作までそれなりのクオリティーのものができてしまう。

利用者数がダントツに多い超有名動画投稿サイトもあり、そこでは動画制作したものを投稿するだけではなく、再生回数に応じて収益が得られるというメリットもある。

そのため新しいビジネスモデルとしても大注目されているのは確かである。

しかしビジネスである以上、求められるものに応えていかなければならない。

動画制作ビジネスにも原理原則という概念が存在する。

それは、1投稿1テーマで、ひと手間加える見せるという意識と、簡潔にまとめることである。

一般の素人が気軽に投稿できるからこそ、ここまで飛躍的に発展してきたのが動画投稿サイトの特徴だが、見ている側のスタンスとしてはどこかテレビタレントや司会者と比べてしまうような感覚で動画を見ているのも否めないように思う。

いわゆるスターやアイドルのような突出したカリスマ性がなくとも世の中にコアファンを獲得できるかどうかが鍵になってくる。

そのためには見ている側のスタンスに立って動画制作をする必要があるのではないだろうか。

1つのテーマに絞り、編集技術を駆使して見ているものを惹き付ける演出を施し、それなりのタレント性を発揮し、分かりやすく簡潔に飽きさせない長さでないとコアファンはリピートしてくれない。

時代がどう変化しようが、ビジネスの本質・骨幹は変わらなく、まさにニーズに先回りしたものが勝つ。

センスを感じさせる動画制作

動画制作と聴いて真っ先に何を思い浮かべるだろうか?

私は編集作業にもっとも労力を使うのではないかと感じてしまう。

いまや星の数ほどある投稿動画の中で、キラリと光るひときわ違うものにするためには編集で差をつける必要がある。

動画制作の過程において比較的敷居が低いのが撮影の段階。

それはもう端末のボタンひとつなのだから操作の分かりやすさは言わずもがな。

だからこそ、最初の発想力が大事でありここが乏しいと内容が薄っぺらになってしまう。

素晴らしい発想を元にした動画制作にはセンスがあり、最終的な善し悪しの決め手となるのが編集の力である。

動画サイトを閲覧するとセンスのいい動画をいくつか見ることがあるが、「この発想力おもしろい!だけど惜しい。。。」と思えるものも多いように感じる。

そう思わせるのはやはり編集によるものではないだろうか。

単に「この動画センスある!!」と思わせるものは、余計なことに見ているものの気を散らせない。

それだけ編集作業が緻密である証拠だ。

動画制作はプロに頼むのが一番

料理でいうところの、素材を活かすも殺すも調理次第ということ。

あなたのそのセンスのある発想力を形にしてくれる編集技術があるかどうかは大きい。

Comments are closed.