最大消費電力を抑えるための蓄電池設備

蓄電池設備の最大のメリットは、「節電」です。

なぜ節電できるかと言えば、昼間のピーク時の電力を蓄電池からまかなうことで、最大消費電力を抑えられるからです。

つまり、昼間のピーク時の電力は、商用電力の場合、コストがかかるんです。

それを蓄電池設備にッ切りかえることで、コストを抑えることができます。

ちなみに蓄電池設備がそういう昼間に活躍するためには、太陽光発電や夜間の商用電力を蓄電する必要があります。

しかしそれ自体、コストはほとんどかかりません。

プラスマイナスで見れば、明らかに利益を見込めることができます。

そうしてこうした新しい電力の在り方は、当人にとっての利益だけでなく、それ以上に、最初に述べたように「節電」効果が非常に高いんです。

つまり地球に優しい、というわけです。

また太陽光発電の活用により、電気供給の在り方に一石を投じることもできます。

このような環境に優しい発電をまずは消費者が積極的に取り入れることで、エネルギー問題に何かしら寄与できるのではないでしょうか。

Comments are closed.