蓄電池設備の二つのメリット

蓄電池設備には、主に二つのメリットがあります。

まずは、節電効果。

そしてもう一つは停電時の代用です。

停電時の代用というのは、文字通り、「蓄電」ということで、蓄えた電気を停電時に使用することができる、というシステムです。

つまり、蓄電池設備があることで、停電が怖くなくなる、電気が落ちたとしても、構うことなく電気を使うことができるということです。

そしてもう一つ、むしろこれがメインという感じではありますけれども、「節電」ですね。

なぜ節電できるかと言えば、電力ピーク時に商用電力から蓄電池の電力に切り替えることで、最大消費電力を抑えることができるからですね。

これは非常に大きいですし、何より、環境にも優しいという点でも有用です。

だからこそ、ここにはぜひ太陽光発電をミックスさせてほしいですね。

それで節電効果はますます上がっていくわけです。

蓄電池設備、それほどのコストもかかりませんし、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

Comments are closed.