おすすめのミニフライパン

忙しい朝に子供やパートナーのために朝ごはんやお弁当を作っている方も多いかと思います。
そんな方々におすすめしたいものが小さいフライパンです。
ミニパンは通常のフライパンよりもひとまわり、ふたまわりほどサイズが小さいのが特徴ですが、このミニパンが忙しい朝に大活躍します。
なぜなら大きさが通常のものよりも小さいので、コンロの火をつけてから短時間でフライパンを温めることができるので、炒めものなどにとても重宝します。
そしてミニパンはちょっとウインナーを焼いておきたい、ほうれん草を炒めてお弁当に入れたいといった少量の調理に非常に便利です。
私も実際にひとつミニパンを持っているのですが、上手く使えば卵焼きもミニパンで焼くことができますのでおすすめです。
最近は近所のスーパーでもミニパンを置いているところが多くなっているので、みなさんもひとつ自分の気に入ったものを見つけて、忙しい朝の朝食づくりやお弁当作りに使ってみてはいかがでしょうか。

底が深いフライパンがおすすめ

みなさんはいつもどんなフライパンを使っていますか?フライパンといえば深さがだいたい5センチほど、直径が20センチ以上のものが多く、炒めものに使うことが多いですが、フライパンって意外と使い勝手が悪いと思いませんか?たとえばちょっと炒めてから煮るときにフライパンだと底が浅いので煮込みづらく、大きな鍋だととても炒めづらいです。
そんなみなさんにおすすめなのが、底が深いものです。
通常のものは上記のように深さが5センチほどなのですが、これは深さが10センチから15センチほどあります。
使い方は通常のものと一緒なのですが、深いものは炒めたあとに煮込むことができます。
たとえばハヤシライスをつくるときに玉ねぎなどを炒めてそこにソースの素を加えて伸ばして煮込むことも可能です。
これは最近流行りだしたので置いてあるスーパーなどはまだまだ少ないですが、ぜひ使ってみる価値はありますよ。
お料理を極めたい方には特におすすめです。

安くておすすめなフライパンの探し方

安くて使いやすいおすすめフライパンをお探しの方は家具メーカーのお店を探してみましょう。
家具メーカーといえば、大型の店舗にベッドや布団といった大きな家具を揃えているイメージがありますが、実は家具メーカーの店舗では食器や調理器具といった生活に欠かせない小物も豊富に取り扱っています。
これらの小物はスーパーやデパートで揃えるよりも断然安く、使い勝手が良いのが特徴です。
特に通常のフライパンは500円程度といった低価格で揃えることができます。
安かろう悪かろうなんじゃないのと思われる方もいらっしゃるでしょうが、そんなことはありません。
スーパーやデパートで買ったものと同じように使うことができます。
私は家具メーカーで買ったフライパンを4年間つかっていましたが、特に壊れることもなかったです。
人気のフライパンをおすすめする
以上のことからフライパンは家具メーカーで買うのをおすすめします。
低価格でシンプルな雑貨をそろえることができるので、これから一人暮らしを始める学生の方や新社会人の方は特におすすめです。

Comments are closed.