アジアを見据えた貿易をする商社なら中国市場ははずせない

アジア市場の拡大が話題になっています。
中国は世界第2位の経済大国になりましたし、東南アジアの経済発展も著しく成長を見込んだ周辺国との外交も活発になってきています。
その中でも一番の巨大市場はやはり中国です。
潤っているのは富裕層のみで貧富の差が広がっていると指摘されていますが、一方これから中流階級にも好景気の恩恵があらわれてくるのではないかという希望的観測も高く、市場の裾野が広がることが期待されています。
日本のや世界の商社では貿易相手としての中国市場に期待が高く、これからまだまだ成長が見込めるのではないかと言われています。
確かに、この好景気の波が国全体に行き渡ったらその伸び率はものすごいものになるのではないでしょうか。
今はまだ都市と農村の格差が大きいですが、このまま好景気の波が行き渡るのか、止まってしまうのか、とても興味深い国であると言えます。
ということは貿易業や商社にとっては今こそビジネスチャンスの時だとも言えるかもしれません。

Comments are closed.