クライミングに使用するチョークって何?

クライミングと言えば、ゴツゴツとしたところをロープを使って安全確保し、山を登る姿が思いつきますね。
それをフリークライミングと言います。
あとは山の中の氷壁をアイゼンとアックスという道具を使ってすることをアイスクライミングと言い、人工壁を手軽にフィットネス感覚で楽しむインドアクライミングなどがあります。
テレビなどで、インドアで人工壁にデコボコしたカラフルな突起物があり、それをロープを使わず登るのを見たことはありませんか?それをボルダリングと言います。
インドアだけではなく比較的低い山をロープを使わずに登るそうです。
そしてチョークという、炭酸マグネシウムの粉を使って登る時に手に滑らないようにするものがあります。
これは手の汗を吸い取ってくれます。
種類もチョークボールという粉末を袋に集めたものや、液体チョークという、粉末チョークをアルコールで溶かしたもの、チャンクタイプの粉末に固形のかたまりが混ざっているものなどがあります。
いろいろな種類があるので、自分にあったのを探してみましょう。

チョークの種類は?自分に合うのを探しクライミングを楽しもう

クライミングの時に汗を吸い取ってくれ、滑り止めになるチョーク。
種類もたくさんあります。
チョークボールという、袋に粉末を集めたもので、クライミングをしている時に誤って落としてしまっても粉が飛び散らないのが良い点で、初心者でも使いやすく、外壁でもジムでも使用でき場所を選ばないので便利です。
悪い点は、買った時に、袋に粉がぎっしり入っているので使いづらく、しばらく馴染んでくると使いやすくなるそうです。
あと詰め替えが面倒なところもあるそうです。
他にはチャンクタイプがあり、粉末に固形のかたまりが混ざったもので、固形と粉末の利点を活かした万能タイプです。
手にのりやすく、チョークを入れるどのバックにも入れることができます。
悪い点もあって、粉が飛び散りやすく、ジムで使用できない場合があるので、使用する前にジムに確認しましょう。
液体チョークもあり、粉末をアルコールで溶かしたものです。
液体なので、粉末より手にきれいにつき、持続力が高いです。
持ち運びも楽です。
悪い点は、手につけた時にアルコールを飛ばすために、少し時間がかかり、粉状のようにこまめにつけることができません。
他にもブロックタイプやゼリー状タイプなどがあります。

クライミングを快適にするチョークのバックがある

クライミングの時に使用するチョークにはいろいろな種類がありますね。
チョークボールやチャンクタイプ、液体チョークなど自分にあったものは見つかりそうですか。
それらを入れておくバッグも必要なようです。
一体どんなのがあるのでしょうか。
バックタイプとバケットタイプがあります。
バックは、コンパクトで運びやすく、腰につけることができます。
種類が豊富で選ぶが楽しいです。
少しサイズが小さいために、チョークをつけるときに狭いのが難点です。
値段もバケットよりは安めなので手が出やすいです。
バケットタイプは、お弁当とかを入れたり、ちょっとした買い物などで使うミニトートバックくらいの大きさで、床に置いて使用します。
大きいので、粉末タイプの飛び散りやすいのでも、あまり飛び散らずに手につけられます。

値段は、少し高めです。
それぞれ自分にはどちらが良いか考え、デザインもいろいろあるので、最初はそれで選ぶのも良いかもしれません。
クライミングをしていくうちに、自分にはこの機能があるバックやバケットが良いと分かってくると思います。

Comments are closed.