ペルシャ絨毯をキレイに保つために

では、実際にペルシャ絨毯を家具として手に入れた場合、普段のお手入れはどうしたら良いのでしょうか。
決して安い品物ではなく、できれば一生使い続けていきたいもの。
けれど手織りで、手染めで…なんて聞いてしまったら、「お手入れが難しいのでは?」と不安になる方も多いのではないでしょうか。
ですが、小まめに手入れを行えば、実はそんなに難しいことはないのです。
まず、ペルシャ絨毯をキレイな状態で長持ちさせるために、絨毯の弱点を知っておきましょう。
ペルシャ絨毯の弱点、それは湿気です。
色合いが変化してしまったり、カビや虫食いの危険性が一気に増してしまうのです。
なので設置の段階で、水回りなどの多湿なスペースは避けた方が良いでしょう。
日常的に使っていく中では、一定期間ごとに絨毯の向きを動かすことをおススメします。
同じ箇所にばかり負荷がかかり、劣化を防ぐことがその目的です。
そして時々、一面を掃除機でかけてください。
その時のポイントは、毛の流れに逆らわないこと。
年に一度は晴れた日に陰干しをし、絨毯の魅力を保ちましょう!

Comments are closed.