念仏宗とは仏教ですか?

私の家族は仏教の浄土真宗です。
ですが、私自身は仏教の事も浄土真宗の事もあまりよくわかっていません、だから多分無宗教です。
結婚したら尚更感じます、旦那の家族の宗教もあまり詳しく知りません。
最近、隣に引っ越してきた家族の奥さんが念仏宗という宗教に入っていると言われました。
仏教の宗派みたいなのですが詳しくない私は何となく気になってしまい調べてみる事にしました。
念仏宗は名前の通り、仏教の釈尊と聖徳太子などの教えを念仏して自分達の生きていく為の教訓にする言わば心のお守り見たいなものでしょうか。
兵庫県に本拠地があるそうです、信仰のある人は全国にいるそうなので行事がある時は大勢の人が集まってきそうです。
本当に宗教にあまり詳しくないのですが念仏宗は新興宗教と言って仏教の中でも新しいそうです。
または単立宗教法人といってどこにも属さない宗派とも言われています。
念仏宗は仏教だけではなく色々な考えを持っている宗教なので今までにない形の宗教だと言えるのかもしれませんね。

綺麗な念仏宗の境内は魅力的

念仏宗の寺院の境内の広さには驚かされます。
私は実際には見たことはないのですが念仏宗のサイト内に写真や動画で紹介されていました。
広さだけではなく建物や仏像など全てにおいて物凄い迫力です。
正直、観光地なのではないかと間違えてしまいそうですね。
念仏宗の建造物には三各国の伝統文化を取り入れているそうなので、それぞれ特徴があり一つ一つが魅力的です。
境内の中は広々とした道があり式典などで使われる為でしょうか、また来た人を圧倒してしまう程の大きさの門や橋、五重塔や複数のお堂、本来ならば色々な場所を巡らなくては見れないような建物がここでは移動しなくても見れそうなくらい揃っています。
山の奥深い所に寺院を建てたのは日本の四季を大事にしているからでしょうか、境内の景色は日本庭園となっていて春夏秋冬を楽しむ事が出来るようになっています、残念ながら観光地ではないので気軽に入ってしまわないように注意しなくてはいけませんね。
建物と自然、両方を使って美しい風景を造り上げるのはとても難しいと思います、日本の和を大事にする念仏宗だからこそ出来た景色だと感じました。

念仏宗の年間行事

これまで念仏宗とその境内を調べてきましたが、ここではその広い境内や寺院を使ってどんな年間行事をしているのかを調べてみようと思います。
外国のお客様を招いての行事も多く、結構アジアの方がいらしているみたいです。
念仏宗の建造物が他国の伝統文化を取り入れて造られているのには交流があるからという事かもしれません。
また通常の年間行事では六大祭事と呼ばれる祭りが、一年を通して行われるそうです。
8月の夏休みには広い自然たっぷりの敷地内で子ども達向けの林間学校を開催しています。
年々参加人数が増えているそうで、教える事はやはり仏教みたいですが林間学校を通して思いやりや協調性、感謝の気持ちなどを学ぶ事が出来るそうです。
また月1で日曜学校というのにも子どもは参加する事が出来るそうです。
念仏宗が一番大事にしているのは近隣住民とのふれあいです。
こちらは年間行事というよりも毎日行っているそうで、道路清掃や落ち葉拾い冬になれば雪かきのお手伝い等をしているそうです。
念仏宗への入会方法を探る
毎日続けるのは本当に大変な事だと思います。
念仏宗では子どもに配慮された年間行事があり、子ども達は行事を通して人とのふれあい、助け合い、忍耐力などを自然に学ぶことができるそうです。
とても大事なことかもしれませんね。

Comments are closed.