結婚相談所が婚活を後押しする

結婚相談所のもつ適齢期を過ぎた負け組の駆け込み寺というイメージが払拭され、むしろおしゃれな場所として捉えられるようになったのは、どうやら婚活という言葉が肯定的に受け入れられるようになったのと並行しているようである。
結婚活動の省略語である婚活という言葉が出てきたころは、その言葉が合コンなどのイメージと重なり軽薄な印象を与えた。
しかし、若者が気が合う異性との出会いがなければ結婚などせずに一生自由に暮らせばいいという独身主義に陥らず、社会生活ではある程度の年齢になればやはり伴侶をもつことが安定した生活につながると考え真剣に婚活に向き合う姿が、マスコミ等で紹介されることにより、婚活は合コンのように遊びではなく人生上の真剣な活動だと捉えられるように変化したように感じる。
そして、この婚活を応援する場所として結婚相談所は長い間もっていた暗いイメージから脱却して、婚活するものを明るく優しく応援する頼りがいのあるところというイメージに変わってきているようだ。

Comments are closed.