縁の下の力持ち・日本ロール製造の高い技術

これから街を歩く際には、日本ロール製造の技術や商品に注目してみても面白いのではないだろうか。
テーロン建材という言葉は、多くの方にはなじみのないものかも知れない。
塩化ビニル管や鋼管・加工管類は、主に農業・工業用水で必要とされる溜め池などで役立てられている。
日本は水田が多く、農業用水として多量の水が必要であり、このため水路周りの整備は必須である。
耐久性、電気絶縁性、熱伝導率に優れ、そして経済性も抜群な建材類には、日本ロール製造の培ってきた技術がいかんなく発揮されている。
パイプにも様々な種類があるが、導入される場面ごとに最適な素材が開発されている。
創業1世紀を優に超える老舗メーカーを支えてきたのは、伝えられてきた高い技術力に他ならない。
日本ロール製造の役目は、言うなれば多くの人の目に入りづらい場面でわれわれの安全な日常生活を支えること。
まさに「縁の下の力持ち」という言葉がピッタリの企業と言えるだろう。

Comments are closed.