動物を可愛いと思う事はごく自然な事と思う村上豊彦

私は日本一と言ってもいいかもしれないほど猫好きな村上豊彦と申します。
私がなぜそこまで猫が好きになったかと言えば、まだ小さかった頃に出会った一匹の猫でした。
みなさんは「別に何でもない平凡な理由ではないか」と思われるかもしれませんが、私は平凡と言うよりは、ごく自然な事だと思っています。
最近は猫や犬だけでなくいろいろな動物がペットになって、珍しい動物を飼う人も少なくありませんが、でもどれだけ多くの動物が世の中に出て来ても、猫ほどクールに、しかし愛らしく近寄って来てくれる動物は、おまけに「ニャーオ」などという声で鳴きながら擦り寄って来てくれる動物は他にいないでしょう。
みなさんも何か動物を飼っている方、例えば犬を可愛がって飼っている方も、きっかけは私と同じようにごく「平凡な理由」だったはずです。
犬になつかれてしまった、散歩中の犬を見て可愛かったなど。
私、村上豊彦が猫のふとした仕草に惹かれたように、みなさんも犬のふとした仕草や表情に魅入られてしまったなら、それが動物に対する自然な気持ちだと村上豊彦は思います。

猫の避妊手術の必要性と村上豊彦が憂う昨今の猫ブーム

近年、猫が好きだからと言って猫を何匹も飼う人がいるようですが、私、村上豊彦は見ていて何とも言えない気持ちになります。
しかもその猫たちを放し飼いの状態にしているのを見ていると、この飼い主は「避妊手術」というものを果たして知っているのだろうかとつい思ってしまいます。
猫は若い頃から繁殖能力があり、子供が生まれやすい動物です。
このままにしておいたなら猫が増え過ぎて大変な事になってしまうでしょう。
それだけに避妊手術は必要なのです。
それに外に放してしまうというのも好ましい事とは言えないでしょう。
外は家の中と違って当然危険が多く、車に轢かれてしまったり、他の動物と喧嘩をして怪我を負ったりする事も珍しくありません。
昨今は「猫ブーム」なる言葉が流行っているようですが、私にはとても受け入れられませんね。
ブームという言葉に乗っかって猫を飼い、面倒が見られなくなると捨ててしまうというとんでもない人もいますが、そんな人に動物を飼う資格などありません。
猫を可愛く思うなら、避妊手術と室内飼いは必ずすべきと村上豊彦は考えます。

健康が気になる人々へ村上豊彦からボルダリングのすすめ

私、村上豊彦が、大好きな猫と趣味のサッカー以外に最近、いわゆるハマっているものはボルダリングです。
ボルダリングは近年人気急上昇のスポーツで、ロープを使わずに約3mから5mほどの岩や、ボルダリング場に設けられた専用コースの足場を頼りに、手足の力で登るものです。
私の通っている大学の近くに新しくボルダリング場が出来て、そこに頻繁に通っているのですが、猫が大好きな村上豊彦が必死になって壁を登っている姿をみなさんは想像出来るでしょうか。
ボルダリングに必要なのは筋力はもちろんですが、バランスと柔軟性そして持久力です。
ボルダリングは自分の体を指先と足先で支えるので、体そのものの力がなければ出来ないスポーツですが、でも逆に始めれば私のようにハマってしまうでしょう。
それ故にやがて体力も付いて、日常生活でも精神的にリラックス出来るようになり、夜もよく眠れるようになりました。
村上豊彦の楽しい学生生活
心身の健康が気になるみなさん、メタボでお悩みのみなさん、村上豊彦からボルダリングをおすすめします。

Comments are closed.