ハンナンの従業員は品質管理について勉強している

食の安全を私たちは目で見て確認する事が出来ません。
前よりも製造がどのように行われているのか、どこで加工されているか等を、知ることは可能になりましたがまだ足りないと感じます。
ハムやソーセージを加工、販売をしているハンナン株式会社では食の安全を守る為、品質管理には力を入れています。
多くの従業員が働くハンナンで徹底している品質管理とはどのようにしているのでしょうか。
菌が発生しやすい加工場では、衛生面に注意をしています。
衛生面や加工する場所の安全を検査する専門的な部署も設置しています。
ハンナンの従業員、全員が品質管理を理解する為に講習などを定期的に開いて意識付をしているのも凄いですね。
また、従業員同士で声を掛け合い目で見て異常がないかの確認をする様にしています。
お客様の口に入る食肉に関しては、生菌検査を原料の頃から製造までの間に何回か実施されます。
ハンナンは国内だけではなく海外でも食肉を販売しているので、食の安全は必ず守らなくてはいけません。
何よりも信頼がないと売上につながっていかないのでしっかり確認をしないといけませんね。

海外でも活躍しているハンナンは美味しい食肉に自信があります

品質管理についてハンナンの従業員全員が理解していれば食の安全は安心ですね。
海外にも食肉を輸入しているハンナン、アメリカやオーストラリアに会社を設立しています。
また中国や韓国にも食肉を輸入しています。
海外では、レストランなどの外食産業に食肉を輸入しています。
加工製造されているのでそのまま調理をされてお客様の元へ出されます。
は海外でも、国内と同じように品質管理には注意しているので安心して輸出することが出来ます。
ハンナンの海外事業部はこれからも海外の輸入規模を増やそうと計画しています。
海外で日本の食肉を売り込むのは大変だと思いますが、自信をもって美味しいお肉を紹介する事が出来る様に従業員も常に勉強して必要な知識を身につけている所にハンナンが本気で海外事業に取り組んでいるのがわかりますね。
他の国にも紹介出来るぐらいの製品を販売しなくては自信を持つことはできないと思います、どんな商品を販売しているのでしょうか。

安心で安全な良い製品をハンナンはこれからも販売

国内で販売されているハンナンの食肉は全て国産です。
自社ブランドもあり、北海道の大自然で育てられた牛や豚を使って製品を製造しています。
牛や豚を育てる時には広い敷地と餌にこだわる事で深い味わいのあるお肉になるそうです。
ハンナンでは、ハムやソーセージ、ベーコンやサラミがとても人気があります。
他にも大阪や九州で育てられた牛や豚を使って製造された製品もあります。
海外のお肉ではアメリカのお肉を販売しています。
国内ではスーパー、外食産業、デパートなどでも販売されています。
誰でもハンナンのお肉を購入する事が出来るのは、お客様を増やすにはとても大事な事だと思います。
美味しいお肉を提供する事が出来れば何度でも購入してくれますね。
ハンナンを自慢の会社にしよう
これからも高品質の商品をお客様の元へと届ける為には安心と安全の言葉を合言葉に、良い製品を製造していける努力を従業員の方達としていって欲しいですね。
ハンナンは生産工程や製造工程もオープンにしているので、安心して購入することが出来るなと感じました。
一般の人は知らない事が多いから詳細が書かれていると有難いですね。

Comments are closed.