気分転換に神戸市で粗大ゴミを出す

神戸市の皆さん、粗大ゴミを処分して気分も新たにリフレッシュしたい気分になることってありますよね。
単純に気分転換したいときだったり、新たなことに挑戦したいから区切りをつけたいと思ったときだったり、新しい生活を始める準備のためだったり、心機一転をしたいとき、大掃除や部屋の模様がえなんかをすると、すごくスッキリとした気分になって、気持ちも弾みますよね。
そんなときにちょっとした、とはいえ結構面倒くさい問題が立ちはだかります。
そう、粗大ゴミです。
あれってなんだかんだ手間がかかって、処理が大変なんですよね。
しかも、自治体によって対応が様々でその土地その土地で事情が全く違いますしね。
そこで、今日はこの場で、神戸市での粗大ゴミの取り扱いかたについてゴミの規定や実際の出し方までをドドンと一気にまとめていってみたいと思います。
みなさん、お引っ越しや模様替え、大掃除などで粗大ゴミが出てしまった時などに是非参考にしてみてくださいね。

神戸市の粗大ゴミの規定は?

まずは粗大ゴミの規定についてお話ししていきます。
神戸市では、粗大ゴミは次のように規定されています。
まずは、45リットルの指定のゴミ袋に入れて、口をきちんと、きつく縛ることができないぐらい大きいもの。
あるいは、45リットルの指定のゴミ袋に入ったとしても、その品物一つだけで5キログラム以上の重みになるようなものを粗大ゴミとして指定しています。
ただし、テレビやエアコンなどをはじめとした家電リサイクルの対象となる品や、パーソナルコンピューターなどといったものはメーカー側がリサイクルをするものなので、神戸市では回収しないことになっているのでご注意ください。
実家の神戸市で粗大ゴミを片づけてもらった
家電やコンピューターを処分したいと考えている場合は、それがリサイクルの対象になっているかどうかを事前に確認してからにしてくださいね。
そして、指定の45リットルのゴミ袋に入るものは神戸市の粗大ゴミの規定に合わないので、間違って出さないようにしてくださいね。

Comments are closed.